健全性は?みんなで大家さん行政処分の経緯

不動産投資商品、「みんなで大家さん」をめぐるいろいろな評判、その大元になっている大阪府からの行政処分の経緯を調べてみました。

みんなで大家さんの行政処分を考える

みんなで大家さんの営業者であった都市綜研インベストファンドが行政処分を受けたということは、紛れもない事実です。

でも、「行政処分=あやしい会社・商品」という短絡的な評判や口コミが、そのときの勢いでネットをかけまわってしまったという面も、小さくないように感じます。

みんなで大家さんという投資商品をきちんと評価する目を持つためにも、まずは行政処分を受けた理由を、「また聞きベース」ではなく、「事実ベース」で把握するべきではないでしょうか。

また、行政処分を受けて、みんなで大家さんの運営会社がどのような対応を取ったのかも、要チェック。

いろんな企業の不祥事の例をみても、発覚後の対応で正体(誠実な企業か、自己の保身に走る企業か)がみてとれるものだからです。

というわけで、行政処分において一番の焦点となった、債務超過・貸借対照表をめぐる都市綜研インベストファンドと大阪府、それぞれの主張。また、みんなで大家さんが出資者のために行ったフォローが適切だったかどうかを調べてみました。

投資に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。